なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーハン(¥550)」@大枡の写真洗面器の謎...

本日は雑色の町中華、コチラ「大枡」へ伺い「チャーハン」を頂いて参りました。改装されてからは初の訪問となります。

お店は京浜急行雑色(ぞうしき)駅から第一京浜を渡り、水門通り商店を下ったところにあります。この商店街も大分シャッター街化してきましたね。テナント募集とシャッターに掲示された空き店舗が目立ちます。やっているお店も開店休業状態です。それでもダイソーだけがやけに元気に営業されております。

そしてコチラのお店も気を吐いて元気に営業されておりますね。先客10人程と盛況です。やはり皆さん美味しいお店はご存知ですよね。プラスコチラのお店は安いから尚の事。お食事は¥50くらい値上げされておりますが、それでもラーメンは未だに¥390で提供されております。スバラシス!

オペレーションを見ていると、ご飯は保温ジャーから洗面器に投入されます。先にオーダーされたラーメン半チャーハンのセットのお客さんの半チャーハンと一緒に調理です。中華鍋を振るうの大将。目の前の白い粉をレードルで取って、手際よくチャーハンを作られております。時折、味見をしながら、また謎の白い粉を投入。皆さん、この白い粉の常習者ってことですねw

中華鍋を振るって上手にレードルに収められたチャーハン。半チャーハン(¥310)はレードル8分程度、普通のチャーハンはレードル1.2杯分程度。まぁ、値段相応の分量という感じでしょうか。スープと一緒に配膳されます。

さて「チャーハン」。パラパラな仕上がりはお米を見れば分かります。中華鍋からご飯が宙を舞う様までは見えませんでしたが、一口頂けば、それが確信に変わります。パラッパラな仕上がりでお米が立ってます。ちょっとおコゲの部分もあったりして、なかなかイイ歯応え。そして丁度イイ塩梅の塩加減です。味付けは基本塩味のチャーハンです。

具材は刻みチャーシューにネギに玉子。玉子が薄い玉子焼きの形状で入っているのが特徴ですかね。これまた良い歯触りです。そしてスープはそもそものカエシがちょっと酸味もあり、濃ゆい味わいのスープとなっております。ベースのスープに酸味があってもエクストラお酢は投入します。だって旨いんですから致し方ありません。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

お隣でお客さんが頂いていたタンタンメンは、溶き玉子のカマタタンタンメン!コチラにもあったんですね!次回は是非是非、このカマタタンタンメンを頂きたいと思う次第です。

そう言えば、配膳後に中華鍋にちょっと残ったチャーハンは、最初に登場した洗面器に投入されておりました。そう言う町中華屋さんありますよね。個人的には如何なものかと思うのですが、誰が広めたんだろう?この不思議なオペレーション... そして何得?! ご存知方いらっしゃいましたら、ご享受下さい!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。