なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「什錦炒飯(¥800)」@寳華園の写真ブルジョア五目チャーハン

本日は町中華であるコチラ「寳華園」へ伺い「什錦炒飯」を頂いて参りました。

場所は蒲田駅東口。風俗街のど真ん中にお店はあります。炒飯は¥550からラインナップがありますが、「什錦炒飯」は括弧書きで五目チャーハンと表記されており、コチラのお店で一番ブルジョアなチャーハンメニューとなっております。

それにしてもこんなくたびれた(失礼)お店に、何故に色々な芸能人が来ているんだろう?お店に来店した歌手や俳優の写真が結構沢山飾られております。確かに歴史あるお店ですが、決してキレイとは言えないお店なのに、なんでだろう?!不思議です!

さて「什錦炒飯」。白いご飯に玉子を混ぜて炒められております。まぁ、そうすれば玉子がしっかりご飯にコーティングされますからね。基本はこれがベースのチャーハンで、載せモノによって名前が変わってきている感じです。什錦炒飯だと、エビ、カニカマ、鮭フレークが載ります。

そして気になるのは、調理して残ったチャーハンは、ご飯と玉子を混ぜたボールにリターン。これが次のインプットになるんですね。自分は本日1杯目のチャーハンだったので、一度火を通したチャーハンに再度火を通して提供されたものではありませんでしたが、これが町中華のイケてないところですよね。ちゃんと一杯一杯一皿一皿作って頂きたいものです。

炒飯はごっつい炒めていたのでパラパラな仕上がり。と言うか、逆に油っ気が足りず。ご飯もチープなものを使用しているのか、モソモソの仕上がりとなっております。歴史ある町中華なので、期待してしまいましたが、ちょっと肩透かしな感は否めません。什錦炒飯たる具材も、一緒に炒めておらず、レードルに置いてから、チャーハンを盛っただけなので、その味わいが炒飯とフュージョンすることはありません...

スープは、普通のラーメンスープにネギを入れたもの。何よりコチラのお店のスープが市販のダシパックで取られていたのを見てしまったので、更に寂しさは否めません。まぁ、今どきラーメン¥420で提供されている訳ですから、その辺は目をつぶらなければイケないところなのか?何れにしましても完食完飲。ご馳走様でした。

普通の炒飯にしておけば、まだ傷は浅かったですかね(号泣)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。